2018/02/24

カルッツかわさき×ぱんだのシンフォニー

【カルッツかわさき×ぱんだのシンフォニー】
日時:2018年02月24日(土)開場/13:30 開演/14:00
会場:カルッツかわさき ホール
料金:S席/4,000円 A席/3,000円 U-25/2,000円
プログラム:
前久保諒:Welcome to PANDA!
P.スパーク:オリエント急行(お客様からのリクエスト曲※)
A.リード:アルト・サクソフォンのためのバラード(アルト・サクソフォン ソロ:上野耕平)
V.ネリベル:トリティコ
R.シュトラウス(A.O.デイヴィス編曲):万霊節
J.バーンズ:交響曲第3番「悲劇的」

テレビや録音で観た/聴いたことはあったが、ライヴで聴くのは初めて。しかもこだわり抜いたと思われるこのプログラム。

細かい部分での個々が持つレベルの高さ(たまーに一部アレッとなるが)や、ユニゾンでの密度の高い響き。ネリベル「トリティコ」のエッジの効いた響き、そして緩徐楽章における集中力は、聴き手にも多大な緊張感を強い、非日常の空間を作り出していた。リードの「バラッド」、上野耕平氏のソロは、徹頭徹尾美しい音色、そして、楽譜上は比較的平易な作品から、きちんと泣き所を引き出す"魅せ様"がさすがである。バーンズ「交響曲第3番」では、悲劇〜皮肉〜幻想〜希望、という各楽章のキャラクターの描き分けや終盤に向けての構成、そして随所に現れる渾身のソロが、それぞれ高い次元でまとまっており(指揮者の手腕もあるだろう)、長時間も相まって聴き応えのある内容だった。

今後さらに活動を続けていくことで、それ以上の、バンドとしてのサウンドの個性、という境地に達してゆくのだろう。すでに、奏者単位では、そういった場所に到達している方もおられるし、活動内容としても独自のものを展開していて興味深いが、やはりバンドの音楽としての次のステージを見てみたいものだ。

休憩中に、吹奏楽ってどうやって聴くんだっけ、という疑問がふと頭をかすめる。そんなに多くのコンサートを聴いたことがあるわけではないが、全体の響きに身を任せることもあったし、個々のテクニックを楽しんでいたこともあったし、曲にばかり着目していたこともあった。せっかくだからとぜんぶの要素に注目しようとしたとき、アタフタと気持ちを切り替えなければならず、ちょっと頭が疲れてしまったのだった。

と、何だかいろいろと書いてしまったが、いや上手いっす。技術面も芸術面もレベルが高い。東京芸術大学の同期を中心に…とプロフィールに書くだけのことはある。吹奏楽界の新勢力として、ますますの活躍を期待する次第。今日聴くことができて良かった。

最後、アンコールは「パンダスティック!」と、まさかのグレインジャー「シェイファーズ・ヘイ!」。特にグレインジャーは嬉しかったなあ。ちなみにアンコールは携帯カメラで撮影OKとのアナウンスがあった。時代ですなあ。

それにしてもカルッツかわさきのホール、良いですね。少々客席数は多めで編成は選ぶかもしれないのだが、ハマったときの端正な響きは素晴らしい。変な残響が無いことは、個人的なホールの好みを左右する上での重要な要素の一つだ。

2018/02/23

明日はぱんだWO

昨年オープンした川崎市の複合文化施設、"カルッツかわさき"に、ぱんだWO初見参。もう明日だが、聴きに行く予定。レベルが高く、メディアへの露出も多く、非常に勢いのあるバンドだが、実はフル編成をライヴで聴ける機会はなかなか貴重だ。しかも、かなりこだわり抜いたと思われる、玄人もニヤリとするようなプログラムで、いっそう楽しみ。

サクソフォン的興味としても、アルフレッド・リードの「バラッド(ソロは上野耕平氏)」、ジェームズ・バーンズ「交響曲第3番(第2楽章に長大なバリトンサクソフォンのソロがある、吹くのは松下氏かな?)」など、注目できる内容だ。

(これぐらいは書いても良いと思うのだが)プログラム冊子の曲目解説を担当した。レイアウトのデータを拝見したが、素敵なレイアウトに仕上げてくださって、感謝。

http://culttz.city.kawasaki.jp/performance/2317/

【カルッツかわさき×ぱんだのシンフォニー】
日時:2018年02月24日(土)開場/13:30 開演/14:00
会場:カルッツかわさき ホール
料金:S席/4,000円 A席/3,000円 U-25/2,000円
プログラム:
前久保諒:Welcome to PANDA!
P.スパーク:オリエント急行(お客様からのリクエスト曲※)
A.リード:アルト・サクソフォンのためのバラード(アルト・サクソフォン ソロ:上野耕平)
V.ネリベル:トリティコ
R.シュトラウス(A.O.デイヴィス編曲):万霊節
J.バーンズ:交響曲第3番「悲劇的」

2018/02/13

相次ぐ訃報

今年の1月後半から2月前半にかけて、偉大なサクソフォン奏者の訃報が続いている。フランス・サクソフォンの黄金期を築いた以下の奏者たちが、相次いで亡くなったとの報せを受け取った。

アンリ=ルネ・ポラン氏
ローランド・オードフロイ氏
ミシェル・ヌオー氏
ジャン・ルデュー氏

ポラン氏とルデュー氏は、言わずと知れたデファイエ・サクソフォン四重奏団のメンバーだ。直接演奏を聴いたことはないものの、特にポラン氏は、2015年にお会いしたこともあり(ルーアン郊外のご自宅に伺ってインタビューを敢行した)、事更に悲しい。お会いしたときはたしか94歳。その時はお元気だったのだが…。ルデュー氏は、私自身がバリトン・サクソフォンで四重奏の世界に入っていったこともあり、憧れのような存在だった。豊潤な響きのリュエフ、デザンクロ…。デファイエQのメンバーの中では最も若く、70歳を超えてなお演奏を続けていたことは驚嘆に値する(私は聴けなかったが、2003年のルデュー・カルテット来日公演は当時大変話題になった)。

ミシェル・ヌオー氏は、ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団の黄金期を支えた奏者として有名だ。ギャルドのメンバーと組んだカルテットの録音も非常に有名だが、ある時木下直人さんから教えていただいた、ジュネーヴ国際で一位を獲ったときのイベールの本選ライヴ演奏(アンセルメ指揮スイス・ロマンド管との共演)の印象が殊更に強い。ミュールのイベールを初めて聴いたときのようなショックを受けたものだ。

ローランド・オードフロイ氏はあまり知られていないが、フランスでは重要な位置を占めた奏者の一人。ジャック・メルツァー氏、ジャン=マリー・ロンデックス氏、ギィ・ラクール氏らとともにフランス・サクソフォン四重奏団なる団体を結成し、いくつかの録音の吹込みを行っている。

今朝、ルデュー氏の訃報を知ったのだが、三連休の頭だというのにすっかり気落ちしてしまった。名手たちを偲んで、ご冥福をお祈りします。

2018/01/11

Argos Soditicがセルマー社の所有権を獲得へ

中小企業向け投資ファンドのArgos Soditic(以下A社)が仏セルマー社の株式の所有権を獲得するための独占交渉権を得たとのニュースが入ってきた。

この所有権移管により、今すぐに何かが変わるとは思えないが、A社が経営陣に参加することで(セルマー家のメンバーも一部所有権は保持し、経営には参加し続けるそうだ)、やがて方向性が定まってくるのだろう。強大な資本を持つファンドが後ろ盾となることは、その会社にとって、成長のため機動的に資本を投入することができるというメリットを持つ一方で、利益が出なければ容赦なく縮小させられる、といった正負の2つの側面を持つ。A社の投資先ポートフォリオを見たが、多岐にわたりすぎていて(交通、食品、情報工学、軍事etc)、「セルマー」という会社やブランド、製品の真の価値をわかっているマネージャーがいるかどうかは、不安要素となる。

気になるのは、なぜA社が買収に興味を示したのか、そして、なぜセルマー家がそれを呑んだのか、だ。A社側の立場でいうと、プレスリリース文にいちおう記載があるが、ユニーク・マニュファクチャリングとか、ワールドワイド・フットプリントとか、"らしい"言葉が並ぶのみである。そんな言葉上のことはどうでも良く、キャッシュを生み出す対象として、そこまで魅力的に映ったのはなぜか、というところだ。セルマー社側の立場についてはFacebook上にジェローム・セルマー氏のコメントがあるが、やはりリソースの増強による拡大…的なコメントがあるのみだ。実際のポイント(両者の思惑)がどこにあったのか、が気になっている。

2017/12/20

転職

月初より別会社に転職。平日、都内の演奏会に伺うのはかなり難しくなってしまった。

2017/11/25

#ぱんだにお願い

川崎の複合施設、カルッツ川崎で来年の2018年2月24日に開催される演奏会が、曲リクエストを受け付けている。なんと、Facebook、Instagram、Twitterのハッシュタグを使って手軽に応募できるそうだ。

http://culttz.city.kawasaki.jp/news/2548/

私も早速リクエストしてみた。迷ったが、ぱんだWOさんが演奏したら凄そう、ということで、ジョン・マッキーの「アスファルト・カクテル」を。ベタといえばベタだなあ。。。

2017/11/10

John Harle & Elvis Costello on YouTube

ジョン・ハール John Harleの「Terror and Magnificence(Argo)」は、私が好きなサクソフォンのアルバムの中でも5本指に入るほどのものだ。他の何物でもない、ジョン・ハールというサクソフォン奏者、いや音楽家のエッセンスが凝縮された、唯一無二のアルバムであり、"ジャンル創造"の最たる例の一つであると考えている。

というわけで愛聴盤なのだが、それに関連したムービー、しかもエルヴィス・コステロとの共演曲である「ああ我が恋人」の一部の演奏の様子がYouTubeにアップロードされているのを見つけた。ほんの僅かな抜粋であるが、これはライヴの様子なのだろうか。CD収録のみの作品だと思っていたのだが、発売当初はライヴで演奏される機会もあったのかな。